ファクタリングおすすめ会社ランキング2024年

ファクタリングおすすめ会社ランキング2024年

ファクタリングを利用すれば売掛債権をスピーディーに現金化し、資金繰りを改善することができます。

オンラインで申し込むことができ、最短即日での資金調達が可能です。

設立してから間もない事業者でも、ファクタリングを通じて資金調達の可能性が広がります。

ただし、数多くのファクタリング業者が存在するため、どの業者を選べばよいのか迷うものです。

自社に最適な業者を選ぶことで、より効果的な資金調達が可能です。

そこで本記事では、ファクタリングのおすすめ業者ランキングや選び方、注意点などについて詳しく解説します。

記事を通じて、信頼性の高いファクタリング業者を理解し、自社に最適な条件での資金調達を実現しやすくなるでしょう。

資金調達を検討している法人や個人事業主・フリーランスの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 今日中にファクタリングするなら即日入金対応の会社を選ぶ
    1. 取引先にバレたくないなら2社間ファクタリング
    2. 3社間ファクタリングは取引先の許可が必要
    3. オンライン上で契約できるファクタリングは全部早い
    4. 個人事業者はファクタリングの対象か確認する
  2. ファクタリング会社おすすめランキング18選!2024
    1. OLTA
    2. QuQuMo
    3. トップ・マネジメント
    4. ラボル
    5. ペイトナーファクタリング
    6. ピーエムジー
    7. マネーフォワード アーリーペイメント
    8. 日本中小企業金融サポート機構
    9. ファクタリングベスト
    10. Payなび
    11. アクセルファクター
    12. GMOBtoB早払い
    13. えんナビ
    14. フリーナンス
    15. ウィット
    16. ビートレーディング
    17. ベストファクター
    18. BESTPAY
  3. ファクタリングのメリット
    1. 支払いサイト長い請求書を活用できる
    2. 注文書ファクタリング取り扱いの会社も増加中
    3. 請求書と通帳のコピーだけ!必要書類が少ない
  4. ファクタリングで経営不振になるのは避けましょう
    1. 3社間ファクタリングで契約すると手数料を抑えられる
    2. 手数料の値はは上限と下限を見ましょう
    3. 売掛先の信用力ですべて決まると言っても過言ではない
      1. 取引先が個人の場合はファクタリングできない
      2. 審査落ちる方は売掛先との取引年月が浅い
  5. ファクタリングで困ったときの質問
    1. 給与ファクタリングとは?
    2. 有名な大手ファクタリング会社は?
    3. 債権譲渡登記は登記完了までに数日要する

今日中にファクタリングするなら即日入金対応の会社を選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際には、希望する入金日を考慮することが重要です。

手数料やその他の条件が有利でも、必要な資金が必要な日に間に合わない場合、支払いなどに影響が出る可能性があります。

「すぐにでも現金が必要」「資金繰り改善のためにできるだけ早く資金調達をしたい」といった場合はファクタリング即日の会社がおすすめです。

ファクタリング会社によって、現金化までのスピードは異なります。

最短即日で入金できる会社もあれば、数日かかる会社もあるため、売掛債権の現金化を急ぐ場合は、慎重に選択する必要があります。

また、一部のファクタリング会社では最短1〜2時間での現金化が可能です。

早急に資金調達をしたい事業主にとって、入金スピードは最も優先すべきポイントです。

最短即日での入金に対応している主なファクタリング会社は、以下のとおりです。

ファクタリング会社入金スピード
日本中小企業金融サポート機構最短3時間
QuQuMo最短2時間
ラボル最短1時間
トップ・マネジメント最短即日
ビートレーディング最短2時間

ただし、あくまで「最短」であるため、申し込みや審査の状況によっては、入金までに時間がかかる場合があります。

最短での入金を望む場合は、事前に必要書類をしっかりと用意するなどの対応が必要です。

今日中に現金が必要な場合は、最短即日入金が可能なファクタリング会社を慎重に選んで申し込みましょう。

取引先にバレたくないなら2社間ファクタリング

ファクタリングを利用しても、売掛先に知られたくない場合は、2社間での契約を検討しましょう。

2社間であれば、事業主とファクタリング会社との間での契約のみが発生するため、売掛先に知られるリスクを軽減できます。

一方で、3社間の場合は、売掛先との契約が必要となり、債権譲渡について事前に承諾を得る必要があります。

ファクタリングの種類内容
2社間「事業主(利用者)」「ファクタリング会社」による契約
3社間「事業主(利用者)」「ファクタリング会社」「売掛先」による契約

3社間で売掛先が債権譲渡に難色を示す場合は、現金化が難しくなります。

また、信頼関係が損なわれる可能性も考慮すべきです。

2社間ファクタリングを選んでも、絶対にバレないわけではありませんが、比較的安心して進められます。

さらに、2社間のほうが入金スピードが早く、最短即日での現金化が可能です。

売掛先へのバレるリスクを抑えつつ資金調達を進めたい場合は、2社間ファクタリングがおすすめです。

3社間ファクタリングは取引先の許可が必要

即日での資金調達を希望する場合は、3社間ファクタリングを選ぶことはおすすめできません。

その理由は、「事業主(利用者)」「ファクタリング会社」「売掛先」といった契約に関与する主体者が増えて、手続きに時間がかかる可能性が高まるからです。

売掛先に事情を説明して承諾を得る必要があるため、現金化までに1週間〜20日程度かかる場合があります。

ファクタリングにおける2社間と3社間の主な違いは、以下のとおりです。

2社間3社間
契約の主体者事業主(利用者)
ファクタリング会社
事業主(利用者)
ファクタリング会社
売掛先
入金スピード即日〜3日程度1週間〜20日程度
手数料8%〜18%程度2%〜9%程度
審査3社間より厳しい2社間より利用しやすい
売掛先への通知通知なし通知あり
※売掛先の承諾が必要

3社間ファクタリングの場合、売掛先の存在が明確になり、承諾を得た上で手続きが可能なため、2社間よりも手数料が低くなる傾向があります。

さらに、3社間は2社間と比較して審査が通りやすいとされています。

このように、3社間ファクタリングは手数料や審査の面で魅力的ですが、逆に入金スピードが遅くなるため、急ぎの場合は2社間ファクタリングがおすすめです。

オンライン上で契約できるファクタリングは全部早い

急いで資金調達をする際には、オンライン完結のファクタリングがおすすめです。

オンライン完結ファクタリングは、すべての手続きをオンライン上で進めることができるため、審査や入金までのプロセスが迅速に行えます。

オンライン完結ファクタリングのメリットは、以下のとおりです。

  • パソコンやスマホからいつでも申し込みが可能
  • どこに住んでいても資金調達が可能
  • 交通費や郵送費がかからない
  • 手数料が比較的安い
  • 少額でも対応してもらいやすい

申し込み、必要書類の提出、契約、入金まですべてをオンラインで行うため、いつでもどこからでも利用可能です。

店舗へ出向く際の交通費や必要書類を送付するための郵送費もかかりません。

店舗を持たずコストを抑えた運営をしているため、手数料が比較的安く、少額の取引にも柔軟に対応してくれる点が魅力です。

ただし、オンライン完結の際には電子署名ツールの利用が必要な場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

また、3社間ファクタリングには対応していないケースが多い点に注意が必要です。

個人事業者はファクタリングの対象か確認する

個人事業主やフリーランスの方がファクタリングを検討している場合は、まず対象者を確認することが重要です。

なぜなら、一部のファクタリング会社は法人のみを対象としており、個人事業主やフリーランスを対象としていないことがあるからです。

公式サイトをチェックすることで、個人事業主やフリーランスが対象となっているかを確認できます。

確認が難しい場合は、メールや電話で直接問い合わせを行うことをおすすめします。

以下は、個人事業主やフリーランスの方が利用可能な主なファクタリング会社です。

  • QuQuMo
  • ラボル
  • トップ・マネジメント
  • ペイトナーファクタリング
  • ウィット
  • フリーナンス

個人事業主やフリーランスを対象としている場合は、比較的少額から現金化が可能であり、最短即日の対応など、ニーズに寄り添ったサービスが提供されていることが多いです。

個人事業主やフリーランスの方が売掛債権を活用して資金調達を行う際には、まずファクタリング会社の対象者を確認し、その上で手数料などを比較することが重要です。

ファクタリング会社おすすめランキング18選!2024

ファクタリングのおすすめ業者ランキングは、以下のとおりです。

  • 日本中小企業金融サポート機構
  • QuQuMo
  • ラボル
  • トップ・マネジメント
  • ビートレーディング
  • ベストファクター
  • ペイトナーファクタリング
  • OLTA
  • ファクタリングベスト
  • ピーエムジー
  • Payなび
  • アクセルファクター
  • マネーフォワード アーリーペイメント
  • GMOBtoB早払い
  • ウィット
  • えんナビ
  • BESTPAY
  • フリーナンス

ここで紹介するファクタリング業者は、オンライン申し込みが可能で手数料が安く、売掛先にバレにくいなどの特徴があります。

また、スピーディーな現金化が実現できます。

自社に最適なファクタリング業者を選ぶ際の参考にしてください。

OLTA

審査・入金速度最短即日手数料2.0%〜9.0%
審査通過率非公開利用可能額制限なし
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
決算書
通帳のコピー

OLTAは、これまでの利用事業者数が1万を超え、申請金額が1,000億円を超える(※)法人や個人事業主向けのファクタリングサービスです。

OLTAの特徴は、次のとおりです。

  • 多くの銀行と提携している
  • 申し込みから契約までをオンライン上で完結
  • 利用可能額に制限がない
  • 2社間の取引で売掛先に知られない
  • 手数料は2.0%〜9.0%と低コスト
  • 必要な分だけ売却が可能
  • 担保や保証人は不要

OLTAは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、SBI新生銀行など、多くの金融機関をパートナー企業に持つファクタリングサービスです。

オンラインで申し込みから契約までが可能なため、店舗へ出向く必要がなく、交通費や郵送費を節約できます。

利用可能額には制限がなく、2社間ファクタリングを利用することで、売掛先に債権を売却することを知られずに資金調達が可能です。

手数料は2.0%〜9.0%で、最短即日での現金化が可能なため、急いで資金を調達したい場合にも利用が検討できます。

請求書の全額または一部を売却でき、金額の範囲内で柔軟に設定できます。

担保や保証人は不要で、利用前の準備が少なくて済む点も魅力です。

OLTAに見積りを取ったあとに、キャンセルもできるため安心して利用できます。

OLTAのファクタリングは、スピーディーに資金調達が可能なオンライン完結のサービスを検討している方や、低コストで請求書を現金化したい方におすすめです。

公式サイトより

QuQuMo

審査・入金速度審査:最短30分
入金:最短2時間
手数料1.0%〜14.8%
審査通過率非公開利用可能額制限なし
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
通帳のコピー

QuQuMo(ククモ)は、法人および個人事業主向けのオンライン完結型のファクタリングサービスです。

「Quality(高品質)」「Quick(スピーディー)」「Money(資金調達)」をコンセプトに掲げ、最短30分での審査完了と最短2時間での入金を実現しています。

QuQuMoの特徴は、以下のとおりです。

  • オンライン上で手続きが完結
  • 必要書類が少ない
  • 入金まで最短2時間
  • 利用限度額に制限なし
  • 債権譲渡登記は不要

QuQuMoは申し込みから契約までオンラインで完結できるため、パソコンやスマホを使用して、いつでもどこからでも手続きが可能です。

必要書類は、請求書と通帳のコピーの2点のみで、用意が簡単な上にオンラインで手軽に提出できます。

電子契約サービス「クラウドサイン」を利用するため、契約情報が外部に漏れる心配はありません。

申し込みや契約のために、店舗への出向きや面談は不要です。

また、ファクタリングの利用限度額には制限がなく、少額から高額まで柔軟に対応しています。

利用に際しては事務手数料がかからず、債権譲渡登記や担保は不要です。

債権譲渡登記にかかる時間の削減だけでなく、費用(登記費用、司法書士報酬)も節約できます。

QuQuMoでは、2社間ファクタリングサービスを提供しており、売掛先に知られずに資金調達が可能です。

手数料の下限値は1.0%〜と、業界の中でも低コストを実現しています。

オンライン型で最短即日入金のファクタリングを希望する方や、資金調達コストを抑えたい事業主に特におすすめです。

トップ・マネジメント

審査・入金速度最短即日手数料0.5%〜12.5%
審査通過率90%以上利用可能額30万円〜3億円
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(見積書など)
身分証明書
決算書
通帳のコピー

トップ・マネジメントは、創業13年で買取実績は5万5,000件以上(※)を誇るファクタリングサービスです。

トップ・マネジメントの特徴は、次のとおりです。

  • 豊富な歴史と実績
  • 豊富な商品ラインナップ
  • 手数料は0.5%〜と低コスト
  • 最短即日での入金が可能
  • 注文書にも対応
  • 出張面談にも対応
  • 利用可能額は最大3億円まで
  • 創業間もない事業主にも対応

トップ・マネジメントでは、2社間と3社間のファクタリングを両方提供しています。

2社間は手続きが簡素でスピーディーな資金調達が可能であり、3社間は手数料が安いのが特徴です。

オンラインで申し込みができ、最短即日での入金が可能です。

見積書や受注書でファクタリングが利用できるため、売掛先から仕事を受けたタイミングで資金調達を検討できます。

また、次のサービスも提供しています。

  • ペイブリッジ:広告・IT企業向けの資金調達サービス
  • 電ふぁく:バーチャル口座を使用し、2.5社間で行うファクタリングサービス
  • ゼロファク:助成金とファクタリングの両方を活用できるサービス

トップ・マネジメントの審査では、必要書類をもとに面談が行われますが、出張面談にも対応しているため、遠方に住んでいる方や忙しい方でも安心です。

創業して間もない事業主でも対応しているため、他社で断られていてもトップ・マネジメントでは資金調達できる可能性があります。

注文書で資金調達を検討している方や、歴史や実績のあるファクタリング会社を利用したい方にとって、特におすすめです。

公式サイトより

ラボル

審査・入金速度最短1時間手数料一律10.0%
審査通過率非公開利用可能額1万円以上
対象者個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
身分証明書
取引のエビテンス資料(通帳のコピーや連絡履歴など)

ラボルは、東証プライム市場に上場する株式会社セレスの子会社が運営するファクタリングサービスです。

個人事業主やフリーランスの方を対象としています。

ラボルの特徴は、以下のとおりです。

  • 入金までの所要時間は最短1時間
  • 24時間365日いつでも振込可能
  • 独立直後からの利用が可能
  • 新規取引先の債権にも対応
  • 他のサービスで断られた場合でも対応可能
  • 手数料は一律10%で試算しやすい
  • 1万円から資金調達が可能

ラボルはオンライン完結型のサービスで、24時間365日いつでも申し込みが可能で、面談は不要です。

最短1時間での入金が可能なため、「できるだけ早く資金を調達したい」「早期に現金化したい」といった個人事業主やフリーランスの方にとって安心です。

ラボルでは、独立直後の個人事業主やフリーランスにも対応し、新規の取引先や零細企業の債権についても現金化が可能です。

そのため、他のファクタリングサービスを利用できなかった方でも、ラボルなら利用できる可能性があります。

また、他のファクタリングサービスは審査後に手数料が決まるのが一般的ですが、ラボルは一律10%なので、「低い手数料が適用されると思っていたら、高い手数料だった」といった心配を回避できます。

1万円から利用できるため、必要な金額のみ調達が可能です。

独立して間もない方や新規取引先の債権を現金化したい方には、特におすすめです。

ペイトナーファクタリング

審査・入金速度最短10分手数料一律10.0%
審査通過率非公開利用可能額最大100万円
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
身分証明書

ペイトナーファクタリングは、中小企業や個人事業主・フリーランス向けのサービスで、最短10分での入金が可能です。

これまでの申請件数は10万件(※)を超えています。

ペイトナーファクタリングの特徴は、以下のとおりです。

  • 入金まで最短10分
  • 範囲内で何度でも現金化が可能
  • 2社間のため売掛先に知られない
  • オンラインでの申し込みが可能
  • 必要書類が少ない
  • 手数料は一律10.0%でわかりやすい

ペイトナーファクタリングの最大の特徴は、申し込みから最短10分で審査と入金が完了するスピーディーなプロセスです。

短時間で現金化が可能となるため、迅速な資金繰りの改善が期待できます。

また、申請可能な金額の範囲内であれば、必要に応じて何度でも現金化できる仕組みも魅力的です。

2社間ファクタリングとなるため、売掛先にバレずに債権を買い取ってもらうことが可能です。

支払いサイト70日以内の請求書が対象で、オンラインで申し込みや書類の提出ができます。

必要書類は請求書と身分証明書で少ないため、すぐに用意できます。

手数料は10.0%と固定されているため、事前にシミュレーションしやすいのも特徴です。

審査が終了するまで、具体的な手数料がわからないという心配はありません。

ペイトナーファクタリングは、今すぐにでも売掛債権を現金化したい方や、早急に資金繰りを改善したい方にとって、特におすすめです。

公式サイトより

ピーエムジー

審査・入金速度最短即日手数料3.0%〜8.0%
審査通過率非公開利用可能額最大2億円
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
申込書
通帳のコピー

ピーエムジー株式会社は、金融支援、売掛債権早期資金化、本業支援、財務支援の分野で事業展開しています。

売掛債権早期資金化事業(ファクタリングサービス)では、これまでの契約件数が1万8,000件を超え、総額987億円(※)の買取実績を誇ります。

ピーエムジーの売掛債権早期資金化事業の特徴は、以下のとおりです。

  • 豊富な実績を誇る
  • 2社間と3社間の両方を取り扱う
  • 最短即日での入金が可能
  • 銀行融資のサポートも受けられる

ピーエムジーは、2社間と3社間のファクタリングを両方取り扱っており、ニーズに応じた選択が可能です。

通常、2社間ファクタリングは入金までがスピーディーで、売掛先にバレにくいメリットがあります。

一方、3社間ファクタリングは2社間と比べて手数料が安い点がメリットです。

ピーエムジーでは、申し込みから入金まで最短即日での対応が可能であり、平均3日ほどで入金されます。

利用可能額は最大2億円となるため、比較的大きな資金ニーズにも対応できます。

債権譲渡登記は必ずしも必要ではなく、柔軟な対応が可能です。

ピーエムジーはファクタリングだけでなく、幅広い事業展開を行っているため、銀行融資のサポートも受けられます。

東京本社、大阪支店、福岡支店があり、それぞれ幅広いエリアをカバーしています。

実績豊富なファクタリングを希望している方や、さまざまな資金調達方法を模索している方におすすめです。

公式サイトより

マネーフォワード アーリーペイメント

審査・入金速度最短2営業日手数料初回:2.0%〜10.0%
2回目以降:1.0%〜10.0%
審査通過率非公開利用可能額50万円〜数億円
対象者法人必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
通帳のコピー
残高試算表
決算書

マネーフォワード アーリーペイメントは、東証プライム上場企業である株式会社マネーフォワードの子会社が提供するファクタリングサービスです。

マネーフォワード アーリーペイメントの特徴は、次のとおりです。

  • マネーフォワードグループが運営
  • 法人向けサービス
  • オンラインでの申し込みが可能
  • 2回目以降は手数料が1.0%〜
  • 2社間ファクタリングで売掛先にバレにくい
  • 注文書のファクタリングが可能
  • 最大数億円までの資金調達が可能

マネーフォワード アーリーペイメントは、オンラインで簡単に手続きができ、面接は不要です。

初回利用時の手数料は2.0%〜10.0%ですが、2回目以降は1.0%〜10.0%と、より有利な条件で資金調達が可能です。

また、2社間ファクタリングを利用することで、債権の売却が売掛先に知られずに行えます。

注文書や発注書によるファクタリングにも対応しており、仕事を受注した段階から売掛債権を活用した資金調達の検討が可能です。

最大数億円までの利用が可能で、まとまった資金ニーズにも対応しています。

マネーフォワード アーリーペイメントは、コストを抑えた資金調達を希望する方や、上場企業グループが運営するサービスを検討中の方におすすめです。

日本中小企業金融サポート機構

審査・入金速度最短3時間手数料1.5%〜10.0%
審査通過率非公開利用可能額制限なし
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
通帳のコピー

日本中小企業金融サポート機構は、経営革新等支援機構であり、法人や個人事業主・フリーランサー向けにファクタリングサービスを提供しています。

日本中小企業金融サポート機構の特徴は、以下のとおりです。

  • 経営革新等支援機構が提供
  • 法人や個人事業主向けのサービス
  • 申し込みから契約までオンラインで完結
  • 最短3時間で現金化が可能
  • 手数料は1.5%〜と低コスト
  • 2社間ファクタリングで売掛先にバレにくい
  • 調達金額は3万円〜2億円まで実績あり

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングサービスは、パソコンやスマホを利用して申し込みが可能で、契約手続きまでをオンライン上で完結できます。

店舗への訪問が不要なため、忙しい事業主の方も安心して利用できます。

必要書類などの提出はメールで行えて、申し込みから最短3時間で現金化が可能です。

2社間ファクタリングを採用しているため、売掛先に債権売却の通知が不要で、取引の秘匿性が向上します。

手数料は1.5%〜なので、資金調達コストを抑えられる点も魅力です。

利用可能額に制限はありませんが、これまでに3万円〜2億円の実績があります(※)。

また、会社名や電話番号など簡単な入力で無料見積りを取得することも可能です。

経営革新等支援機構の信頼性が高いサービスを探している方や、低コストで資金調達を希望する方にとって、日本中小企業金融サポート機構のファクタリングはおすすめです。

公式サイトより

ファクタリングベスト

審査・入金速度最短3時間手数料2.0%〜20.0%
審査通過率90%以上利用可能額制限なし
対象者法人必要書類

ファクタリングベストは、自社でファクタリングを提供しているのではなく、即日入金が可能で審査通過率が高い4つのファクタリング会社から一括見積もりを取得できるサービスです。

厳選された4社から効率的に見積もりを取得でき、自社に最適なサービスを選択することができます。

ファクタリングベストの特徴は、次のとおりです。

  • 厳選された4社から相見積もりが可能
  • サービスの利用料は無料
  • 法人向けサービス
  • 土日でも利用可能
  • たった1分の入力で完了
  • 最短で即日入金が可能
  • 乗り換え検討も可能
  • 2社間および3社間の選択が可能

ファクタリングベストで見積りを取得できる4社は、いずれも審査通過率が9割を超えているため、審査に不安がある場合でも安心して利用できます。

一括見積りのサービスは法人を対象としており、個人事業主やフリーランスの方は利用できません。

利用料は無料で、土日でも申し込みが可能です。

必要事項の入力はわずか1分ほどで、希望調達金額や会社名、メールアドレスなどを入力することで、4社から効率的に相見積りを取得できます。

債権を活用した資金調達は希望するものの、忙しく時間がない方に便利なサービスです。

また、見積りを取得できるファクタリング会社は最短即日での入金にも対応しています。

他社からの乗り換えも検討でき、2社間と3社間のファクタリングの選択も可能です。

条件の良いファクタリング会社を効率的に見つけたい方や、一括見積りを取得したい方にとって、特におすすめのサービスです。

Payなび

審査・入金速度審査:最短30分
入金:最短1時間
手数料
審査通過率利用可能額
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
通帳のコピー

Payなびは、複数のファクタリングサービスに対して一括で見積りを取得できる便利なサービスです。

中小企業や個人事業主・フリーランスの方を対象とし、効率的に自社に適したファクタリングサービスを見つけることができます。

Payなびの特徴は、次のとおりです。

  • 一括で相見積りを取得可能なサービス
  • 必要書類が少なく手続きが簡単
  • 入力完了までわずか3分
  • 高い審査通過率を持つファクタリング会社と提携
  • 利用料が無料
  • オンライン上で利用可能

Payなびは、請求書と通帳のコピーの2点の必要書類と、必要事項(会社名、住所、事業内容など)の入力だけで、手軽に一括で見積もりを取得できます。

3分ほどで入力が完了するため、忙しい方にとって便利なサービスです。

見積りに納得したファクタリング会社で、最短1時間で現金化することも可能です。

主に審査通過率の高いファクタリング会社と提携しているため、資金調達の可能性が高まります。

また、Payなびは利用料が無料なので、余計なコストを心配することなく利用できます。

効率的に複数のファクタリング会社を比較したい方や、高い審査通過率を重視する方にとって、特におすすめのサービスです。

アクセルファクター

審査・入金速度最短即日手数料2.0%〜
審査通過率93%利用可能額30万円〜1億円
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
通帳のコピー
決算書
身分証明書

アクセルファクターは、ファクタリングサービスにおいて手数料の早期申込割引制度を提供しています。

アクセルファクターの特徴は、以下のとおりです。

  • 手数料の早期申込割引
  • 2社間と3社間の選択が可能
  • 審査通過率は93%
  • 最大1億円の調達が可能
  • 経営革新等支援機関の認定を取得
  • 入金まで最短即日

手数料の早期申込割引は、入金希望日より一定期間前の申し込みで手数料が最大2%割引されます。

  • 入金希望日の60日前まで:手数料2%割引
  • 入金希望日の30日前まで:手数料1%割引

手数料の割引により、より多くの資金を手元に残すことが可能です。

入金希望日までに余裕がある場合は、大変お得な制度です。

アクセルファクターでは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つを提供しており、入金スピードや手数料などの条件に応じて選択できます。

審査通過率は93%と高く、30万円からの資金調達が可能です。

また、アクセルファクターは、認定経営革新等支援機関としての認定を受けており、信頼性があります。

オンラインでの申し込みが可能で、書類提出はメール、郵送、FAXで行えます。

開業間もない事業主も対象としているため、他のサービスが利用できなかった場合でも、アクセルファクターで資金調達が可能かもしれません。

入金希望日に余裕がある方や、高い審査通過率を重視する方にとって、アクセルファクターはおすすめです。

公式サイトより

GMOBtoB早払い

審査・入金速度最短2営業日手数料1.0%〜12.0%
審査通過率非公開利用可能額100万円〜1億円
対象者法人必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
審査依頼書
決算書

GMOBtoB早払いは、東証プライム上場企業のGMOペイメントゲートウェイ株式会社が提供するファクタリングサービスです。

このサービスは法人のみを対象としており、個人事業主やフリーランスの方は対象外となっています。

GMOBtoB早払いの特徴は、次のとおりです。

  • 東証プライム上場企業が提供
  • 法人向けサービス
  • 2つの商品プランから選択が可能
  • 2社間と3社間の両方のファクタリングに対応
  • ファイナンス専門の担当者がサポート
  • 最大1億円まで資金調達が可能
  • 注文書の現金化にも対応
  • 担保や保証人は不要

GMOBtoB早払いには、「スポットタイプ」と「継続タイプ」という2つの商品プランがあり、選択できます。

スポットタイプは、300万円から利用でき、手数料は1.5%〜12.0%で、都度利用が可能です。

継続タイプは、100万円から利用でき、手数料は1.0%〜12.0%となっており、2回以上の利用を想定したプランです。

さらに、GMOBtoB早払いは2社間と3社間の両方に対応しているため、売掛先に通知することなく資金調達が可能です。

専門のファイナンス担当者が丁寧にサポートするため、ファクタリングや資金調達が初めての方でも安心して利用できます。

また、注文書のファクタリングにも対応しており、受注段階から資金調達を検討することができます。

GMOBtoB早払いは、上場企業が提供するサービスを検討している方や、専門担当者のサポートを受けながら進めたい方におすすめです。

えんナビ

審査・入金速度最短翌日手数料5.0%〜
審査通過率非公開利用可能額50万円〜5,000万円
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
身分証明書
通帳のコピー
決算書

えんナビは、中小企業や個人事業主・フリーランス向けに提供され、利用者満足度は93%以上(※)を誇るファクタリングサービスです。

メールや電話での申し込みが可能で、24時間365日受け付けています。

えんナビの主な特徴は、次のとおりです。

  • 24時間365日いつでも申し込み可能
  • 30秒でできる簡単査定
  • 2社間と3社間のファクタリングに対応
  • 担保や保証人は不要
  • JR上野駅から徒歩10分圏内
  • 専門スタッフによるサポート
  • 最大5,000万円まで調達が可能

24時間365日受け付けている簡単査定では、必要金額や電話番号、メールアドレス、法人名などを入力するだけで、見積り額が簡単にわかります。

えんナビでは、2社間および3社間のファクタリングが選択できます。

2社間では事業主とファクタリング会社との契約で完結するため、売掛先に知られずに現金化が可能です。

3社間は売掛先との契約が必要ですが、手数料は2社間よりも低く設定されています。

請求書や通帳のコピー、決算書などの書類は必要ですが、担保や保証人は不要です。

そのため、資金が必要な時に比較的スムーズに申し込むことができます。

利用可能額は50万円〜5,000万円まで幅広く、最短で翌日に資金調達が可能です。

JR上野駅から徒歩10分圏内に位置し、出張対応も行っています。

豊富な知識やノウハウを有した専門スタッフによるサポートも受けられます。

えんナビは、利用者満足度の高いファクタリングサービスを検討してる方や、初めて資金調達を検討している方にとって、特におすすめです。

公式サイトより

フリーナンス

審査・入金速度最短即日手数料3.0%〜10.0%
審査通過率非公開利用可能額最大1,000万円
対象者個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)

フリーナンスは、東証プライム上場企業のGMOインターネットグループが提供する個人事業主・フリーランス向けのお金と保険のサービスです。

サービスの中にファクタリングが含まれています。

フリーランスの特徴は、次のとおりです。

  • 上場企業グループが提供
  • お金と保険のサービス
  • 手数料は3.0%〜と低コスト
  • さまざまな保険や保証が付帯
  • 最短即日での入金が可能
  • 2社間ファクタリングでバレにくい
  • 担保や保証人は不要

フリーナンスには、「フリー」「レギュラー」「プレミアム」の3つのプランがあり、情報漏洩や著作権侵害など、さまざまなトラブルに対する補償が含まれています。

例えば、月額590円(月払いの場合)のレギュラープランには、最高5,000万円の補償と最高500万円の業務過誤補償が付いており、専用口座も開設できます。

バーチャルオフィスの利用も可能です(別途、申し込みが必要)。

また、ケガや病気で仕事ができなくなった場合の所得補償にも加入できます。

フリーナンスのファクタリングサービスは、2社間の取引であり、手数料は3.0%〜と比較的低いです。

最短即日での入金に対応しているため、現金化を急いでいる場合に役立ちます。

保険や補償を充実させたい方や、資金調達以外のメリットを求める方にとって、フリーナンスはおすすめの選択肢です。

ウィット

審査・入金速度最短2時間手数料5.0%〜20.0%
審査通過率非公開利用可能額最大500万円
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
身分証明書
通帳のコピー

ウィットは、小口資金から調達可能なファクタリングサービスです。

中小企業と個人事業主・フリーランスの方を対象としています。

ウィットの特徴は、以下のとおりです。

  • 2社間と3社間の取引に対応
  • 申し込みから契約まですべてオンラインで完結
  • LINEを使用しての申し込みが可能
  • 最短2時間で入金可能
  • 注文書の現金化にも対応
  • 開業してから間もない方でも利用可能

ウィットは、2社間と3社間のファクタリングの両方に対応しています。

2社間の場合、売掛先への通知が不要で、スピーディーに現金化が可能です。

3社間は、3社間では、売掛先の承諾が事前に必要ですが、これにより意図せず知られるリスクが軽減され、手数料も2社間よりも低くなります。

LINEを利用しての申し込みや、オンライン上で完結する契約手続きにより、店舗訪問などの手間を省くことができます。

注文書のファクタリングにも対応しており、早い段階から売掛債権による資金調達を検討可能です。

最短2時間での入金が可能なため、急な資金ニーズにも効果的に対応できます。

また、ウィットは開業して間もない事業主や他社で断られた方にもサービスを提供しています。

即座に資金を調達したい方や審査に不安がある方にとって、特におすすめです。

ビートレーディング

審査・入金速度最短2時間手数料2.0%〜12.0%
審査通過率非公開利用可能額制限なし
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
通帳のコピー

ビートレーディングは、5万2,000件以上の取引実績と、累計買取額が1,170億円(※)を誇るファクタリングサービスです。

ビートレーディングの特徴は、以下のとおりです。

  • LINEを利用した相談が可能
  • 2社間と3社間のファクタリングを両方取り扱う
  • 必要書類は2点のみ
  • 書類提出後30分以内に買取金額が提示される
  • 現金化まで最短2時間
  • 月間1,000件の利用実績がある
  • 3つの契約方法から選択可能

ビートレーディングは、オンライン、電話、メール、LINEでの申し込みが可能です。

さらに、LINEを通じて不明点や疑問点の相談もできます。

2社間と3社間のファクタリングを両方提供しており、ニーズに合わせて選択できるため、効果的な資金調達が可能です。

入金スピードを優先する場合は2社間、手数料を抑えたい場合は3社間の利用がおすすめです。

必要書類は請求書と通帳のコピーの2点のみで、準備が迅速に行えます。

また、必要書類を提出すると、30分以内に買取金額が提示され、最短2時間以内で現金化できます。

契約手続きはオンライン、窓口、訪問の3つから選択でき、利用者の都合に合わせた柔軟な対応が可能です。

ビートレーディングは、2社間と3社間の選択に迷っている方や、実績豊富なファクタリング会社を利用したい方にとって、特におすすめです。

公式サイトより

ベストファクター

審査・入金速度最短即日手数料2.0%〜20.0%
審査通過率92.2%利用可能額30万円〜1億円
対象者法人、個人事業主必要書類売掛債権に関する資料(請求書など)
身分証明書
通帳のコピー

ベストファクターでは、2社間と3社間のファクタリングを両方提供しており、ニーズに合わせて資金調達方法を選択できます。

年間の相談件数は8,000件以上で、利用件数は1,000件(※)を超えています。

手数料は2.0%〜と低コストであり、オンラインでの申し込みが可能で、最短即日での現金化が可能です。

ベストファクターの特徴は、以下のとおりです。

  • 2社間と3社間の両方を取り扱う
  • オンラインでの申し込みが可能
  • 審査通過率は92.2%
  • 受注書の現金化も可能
  • 担保や保証人が不要
  • 最大1億円までの調達が可能
  • 入金額がわかる簡易診断シミュレーター

ベストファクターの審査通過率は92.2%(※)で、審査に不安がある方でも柔軟な審査によって利用できる可能性があります。

また、注文書によるファクタリングサービス「BEST PAY」も提供されており、仕事を受注した段階で資金調達を検討できます。

BEST PAYでは、最短翌日での入金が可能です。

ベストファクターは担保や保証人が不要で、必要書類も少ないため、準備に時間を取られる心配がありません。

売掛先1社あたり最大1億円まで現金化が可能です。

また、7つの質問に答えることでわかる「簡易診断シミュレーター」や電話相談を通じて、ファクタリングの手数料や買取金額が明確になります。

ベストファクターは、注文書ファクタリングを希望する方や、柔軟な審査を求める方にとって、特におすすめのサービスです。

公式サイトより

BESTPAY

審査・入金速度最短翌日手数料5.0%〜
審査通過率非公開利用可能額100万円〜3億円
対象者法人必要書類売掛債権に関する資料(注文書など)
通帳のコピー
申込書

BESTPAYは、「ベストファクター」を提供する株式会社アレシアの注文書ファクタリングサービスです。

BESTPAYでは注文書を利用して資金調達ができるため、早急な資金繰りの改善が期待できます。

BESTPAYの特徴は、次のとおりです。

  • 注文書ファクタリング
  • オンラインでの申し込みが可能
  • 簡単な質問に答えるだけで行えるシミュレーション
  • 契約時の面談は出張対応も可能
  • ノンリコースで補償リスクなし

BESTPAYを利用することで、仕事を受注した段階で売掛債権を活用し、資金調達が可能です。

電話やオンラインで手続きができ、オンラインでは24時間365日受付けています。

さらに、「簡単買取手数料シミュレーション」では、希望額や事業形態、売掛先の規模など、7つの質問に答えるだけで手数料のおおよその見積りが得られます。

ノンリコースのため、売却した債権が回収不能になった場合でも補償を求められません。

最大3億円までの資金調達が可能です(売掛先1社につき最大1億円)。

BESTPAYは注文書を用いた資金調達を望む方や、まとまった資金ニーズに対応できるファクタリングサービスを探している方に、おすすめです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用するメリットは、最短即日で資金調達が可能な点です。

ファクタリング会社に売掛債権を売却することで、早ければその日のうちに現金を受け取ることができます。

例えば、銀行融資の場合、審査だけで1ヶ月以上かかることがあります。

ファクタリングであれば、資金繰りに関する急な事態にも即座に対応できる可能性があります。

さらに、貸し倒れリスクを軽減することも可能です。

支払いサイト長い請求書を活用できる

ファクタリングを活用することで、支払いサイトの請求書の入金日が長い場合でも、早期に現金化できます。

通常、支払いサイトの入金までの期間は60日から90日程度であり、最短でも30日かかることが一般的です。

そのため、売上が発生してもすぐに現金を手に入れることは難しい場合があります。

売掛金の回収には時間がかかるばかりでなく、取引先の業績悪化や経営破綻などにより、売掛金が回収できなくなる可能性もあるため注意が必要です。

もし、売掛金を回収できなかった場合は、資金繰りが悪化し、安定した経営が難しくなる恐れがあります。

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に売却することで、スピーディーに現金を手に入れることができ、資金繰りの悪化を防ぐことができます。

例えば、日本中小企業金融サポート機構は最短即日での現金化に対応しており、QuQuMoは最短2時間で資金調達が可能です。

ファクタリングサービスの活用によって、入金日までの期間が長い請求書を最短即日で現金化できるのは、現金化を急ぎたい事業主にとっては特に大きなメリットがあります。

注文書ファクタリング取り扱いの会社も増加中

通常、ファクタリングは請求書を売却して資金調達をする方法です。

しかし、一部のファクタリング会社では注文書の売却によっても資金を調達できる場合があります。

請求書は通常、成果物や製品を取引先に納品した後に発行されますが、注文書は契約直後(発注後)に発行されます。

そのため、注文書によるファクタリングは請求書よりも早い段階で資金を調達できる点がメリットです。

請求書と注文書によるファクタリングの主な特徴と違いは、以下のとおりです。

種類注文書ファクタリング請求書ファクタリング
買取対象注文書請求書
形態2社間2社間
3社間
手数料5%〜20%程度2%〜18%程度
資金調達のタイミング取引先との契約後(受注後)取引先への成果物・製品納品後
売掛先への通知通知なし2社間:通知なし
3社間:通知あり

注文書ファクタリングは、請求書ファクタリングよりも早い段階で資金調達が可能ですが、手数料は高くなることがあります。

また、注文書ファクタリングは通常、2社間の取引においてのみ利用可能である点に注意が必要です。

このように、注文書と請求書のファクタリングではそれぞれ特徴が異なることを、理解しておく必要があります。

注文書に対応したファクタリング会社には、例えばビートレーディングBESTPAYなどが挙げられます。

請求書と通帳のコピーだけ!必要書類が少ない

ファクタリングは、他の融資と比較して、審査時に提出が必要な書類が少ないというメリットがあります。

通常、ファクタリングの審査に必要な書類は、以下のとおりです。

  • 登記簿謄本
  • 身分証明書
  • 決算書もしくは確定申告書
  • 印鑑証明書
  • 取引銀行口座の通帳(コピー)
  • 請求書や注文書
  • 取引基本契約書
  • 納税証明書

審査を受ける際には、登記簿謄本や身分証明書、決算書、確定申告書などが一般的に求められます。

また、決算書や確定申告書は、過去3期分の提出が求められることがあります。

設立してまもなく、3期分の書類が揃わない場合は、事前にファクタリング会社と相談することが重要です。

例えば、銀行から融資を受ける場合、上記の書類に加えて次の書類が必要な場合があります。

  • 定款の写し
  • 事業計画書
  • キャッシュフロー表
  • 試算表

そのため、融資を受けるための書類準備には多くの時間と手間がかかります。

このように、銀行融資などと比較して、ファクタリングは申し込みの準備が少なくて済むため、現金化を急ぎたい場合に速やかに申し込むことができます。

ファクタリングで経営不振になるのは避けましょう

ファクタリングを利用すれば、売掛債権を早急に現金化でき、資金繰りを改善できます。

ファクタリングを利用した場合、信用情報には記録が残りません。

また、設立されてからまだ時間が経過しておらず、借入がある状態でも資金を調達できる可能性があります。

ただし、ファクタリングを使い過ぎると経営不振の原因になる場合があるため注意が必要です。

その理由は、以下の2点です。

  • 売掛金よりも得られるキャッシュが少なくなる
  • 根本的な改善にはつながらない可能性がある

ファクタリングは手数料が発生するため、本来受け取るべき売掛金よりも実際に得られるキャッシュが少なくなります。

手数料が差し引かれることにより、企業が手にする現金が減少するため、経営効率の低下が懸念されます。

また、ファクタリングによる資金繰り改善が根本的でない場合があり、経営全体の改善にはつながらない可能性があるため注意が必要です。

3社間ファクタリングで契約すると手数料を抑えられる

「ファクタリングの手数料を最小限に抑えたい」「資金調達のコストを軽減したい」と考える場合は、3社間の取引を検討してみましょう。

3社間の場合、ファクタリング会社は売掛先の存在を確認し、承諾を得た上で進めるため、2社間での取引と比較して手数料が低い傾向があります。

ファクタリングの種類手数料の相場
2社間8%〜18%程度
3社間2%〜9%程度

資金調達のコストを抑え、手元に残る現金を増やすことができます。

また、事業主は「売掛先にファクタリングのことがバレるかもしれない」といった心配が解消されます。

ただし、事業主、ファクタリング会社、売掛先の3者で契約を結ぶ必要があり、そのため審査や入金までに時間がかかる点に注意が必要です。

売掛先から承諾を得られない場合、先に進めることが難しくなります。

もし、「手数料は高くても入金スピードや手続きの簡素化を重視したい」という場合は、2者間の取引を検討する方が適しています。

2社間ファクタリングは3社間より手数料は高いですが、売掛先との契約が不要で、最短即日での現金化が可能です。

2社間と3社間の違いを理解した上で、最適な方法を選びましょう。

手数料の値はは上限と下限を見ましょう

ファクタリングを利用する際には、手数料の上限値と下限値の2つを確認することが重要です。

手数料の下限値にだけ注目しても、実際にはその下限値の手数料が適用されない可能性があるためです。

単に「下限値が低いから」と選んでも、最終的に適用される手数料が高くなる可能性があります。

以下は、主なファクタリング会社の手数料です。

ファクタリング会社手数料
日本中小企業金融サポート機構1.5%〜10.0%
QuQuMo1.0%〜14.8%
トップ・マネジメント3.5%〜12.5%
ビートレーディング2.0%〜12.0%
※2社間ファクタリングの場合

手数料が低いほど、最終的に手元に残る現金が増えます。

手数料の下限値だけを見て判断せず、上限値も含めて慎重に選ぶことが重要です。

そのためには、複数のファクタリング会社を比較してから最終決定するようにしましょう。

また、上限値に近い手数料が適用された場合のシミュレーションを事前に行うことをおすすめします。

売掛先の信用力ですべて決まると言っても過言ではない

ファクタリングの審査では、主に売掛先の信用力に焦点が当てられます。

売掛先の信用力が低いと、ファクタリング会社は資金回収のリスクが高まるためです。

そのため、事業主の業績や借入などは審査においてそれほど重視されないことが多いです。

売掛先の信用力によって、手数料など債権売却の条件が設定されます。

通常、売掛先の信用力が高いほど、手数料は低くなります。

売掛先の信用力手数料
高い低い
低い高い

売掛先の信用力を調査する際、次のような項目がチェックされます。

  • 会社の規模
  • 会社の業績
  • 業種
  • 売掛債権の条件
  • 信用情報機関の登録情報
  • 信用調査会社の登録情報

例えば、売掛先が上場企業で業績が安定し、財務状況も堅実な場合、高い評価を受けて有利な売却条件が期待されます。

しかし、売掛先の業績や財務が不安定で規模も小さい場合は、評価が低く、売却条件も悪くなるでしょう。

ファクタリングでは、売掛先の信用力が重要であり、それによって審査基準や手数料などの条件が変動することを理解しておく必要があります。

売掛先の信用力が社会的にあまり高くない場合は、調達できる資金が予想よりも少なくなる可能性があるため注意が必要です。

取引先が個人の場合はファクタリングできない

通常、ファクタリングの対象となるのは売掛先が法人の場合です。

売掛先が個人事業主やフリーランスの場合、ファクタリングは対象外となります。

これは、個人事業主やフリーランスの売掛債権が法人に比べて信用力が低く、資金回収リスクが高いからです。

そのため、売掛債権の現金化を考えていたとしても、売掛先が個人事業主やフリーランスの場合はファクタリングの実施が難しく、他の資金調達手段を模索する必要があります。

ファクタリングでの資金調達を検討する際には、売掛先が法人であるかどうか(個人事業主やフリーランスでないか)を事前に確認することが重要です。

審査落ちる方は売掛先との取引年月が浅い

売掛先との取引履歴が浅い場合は、審査で不利になる可能性がありますので注意が必要です。

同じ売掛先であれば、1回の取引しかない場合よりも、10回の取引履歴がある場合の方が、ファクタリング会社からの信頼度が高まる傾向があります。

これは、取引履歴が浅い場合、期日になっても入金が確実かどうかを正確に評価することが難しく、信頼性が低いと見なされるからです。

たとえ審査に通ったとしても、金額が低いか、手数料が高いなど、売却条件の悪化が考えられます。

その結果、希望金額を調達できない可能性も生じるため慎重な対応が必要です。

逆に、継続的な取引があると、「しっかりと入金される信頼できる取引先」と評価され、審査に通りやすくなります。

初回取引や単発取引の場合は、審査落ちや売却条件の悪化の可能性を考慮しておくことが重要です。

複数の売掛債権を所有し、現金化を検討している場合は、継続的な取引履歴がある売掛債権を選択することをおすすめします。

ファクタリングで困ったときの質問

給与ファクタリングとは?

給与ファクタリングは、給与の債権(請求書)を買い取ってもらう、個人向けの資金調達手段です。

給与の入金期日よりも前に債権を売却することで、給与日よりも早い段階で現金を手に入れることが可能です。

手数料は発生しますが、「できるだけ早く現金が必要」「受け取り分が減ってもよいので早く給与を受け取りたい」といった状況に対応できます。

ただし、給与ファクタリングを提供する業者の中には、貸金業登録を受けていない場合があるため、注意が必要です。

無登録業者による給与ファクタリングは違法行為であり、トラブルの原因となる可能性があります。

金融庁や警視庁も、無登録の給与ファクタリング業者に対して警戒を呼びかけています。

参照:
金融庁「ファクタリングの利用に関する注意喚起
警視庁「無登録の給与ファクタリング業者に注意!

有名な大手ファクタリング会社は?

おすすめの大手ファクタリング会社には、「ビートレーディング」と「アクセルファクター」が挙げられます。

それぞれの主な特徴は、以下のとおりです。

ビートレーディング取引実績は5万2,000件以上で累計買取額は1,170億円
LINEを使って相談が可能
現金化まで最短2時間
契約方法は選択可能(オンライン、窓口、訪問)
必要書類は2点のみ
法人、個人事業主向けサービス
アクセルファクター手数料の早期申込割引
審査通過率は93%
最短即日での現金化が可能
最大1億円の調達が可能
経営革新等支援機関に認定
開業間もない事業主も対象
法人、個人事業主向けサービス

大手は、優れたサービス内容と豊富なノウハウを有していることも多く、柔軟な対応や好条件での資金調達が期待できます。

ビートレーディングとアクセルファクターはどちらもオンラインから簡単に申し込みができ、手軽に見積もりを取得できます。

なお、本記事で紹介したおすすめファクタリング会社は、歴史や実績があり、上場企業が運営するなど、大手かつ信頼性の高い業者が中心です。

債権譲渡登記は登記完了までに数日要する

ファクタリングで資金調達する際に、債権譲渡登記が必要な場合は登記が完了するまでに時間がかかる点に注意が必要です。

債権譲渡登記は、債権の譲渡を公示するための登記であり、これにより債権を譲渡したことが公に証明されます。

債権譲渡登記を行うことで、二重譲渡防止などの効果が期待できます。

原則、登記されている債権を購入するファクタリング会社はないためです。

ただし、債権譲渡登記を行う場合、手続きに伴う期間と費用がかかるため注意しましょう。

登記完了までには数日かかり、費用は登録免許税と司法書士費用が発生します。

  • 登録免許税:7500円または1万5000円/件
  • 司法書士費用:数万〜10万円程度

また、債権譲渡登記を行うと、法務局で情報が公開されるため、売掛先に債権譲渡の事実が知られるリスクが生じます。

ファクタリングにおける債権譲渡登記は、利用者にとってメリット・デメリットがあるため、よく理解した上で判断することが重要です。